新型コロナウィルス対策について

日頃はきらく堂施術院をご利用いただきありがとうございます。
現在、世界中で新型コロナウィルス(COVID-19)が猛威をふるっております。
皆様に安心してお越しいただけるように、きらく堂施術院での新型コロナ対策をご案内いたします。

1・就業後の院内滅菌 (夜間)
2・高温のスチームクリーナーによる床清掃
3・院内設備の滅菌
4・院内の加湿
5・プラズマクラスターイオンの発生
6・エタノール、次亜塩素酸水の設置
7・スタッフの手洗い励行
8・ピローシートの交換

1・就業後の院内滅菌

就業後、高濃度の次亜塩素酸水をタンク一杯に入れ、加湿器をひと晩運転させて院内全体を滅菌します。

同時にサーキュレーターを廻して全体に行き渡るように拡散しています。

次亜塩素酸水濃度は1000ppmです。

2・スチームクリーナーによる床清掃

翌朝、加湿&次亜塩素酸水によって床に落ちたウィルスを強力な蒸気を発生させて処理します。

3・院内の滅菌

院内のドアノブや枕、待合室のベンチ、ウォーターサーバーなど、手で触れる箇所は始業前と定期的にエタノールか次亜塩素酸水で滅菌しています。

こちらの次亜塩素酸水濃度は400~600ppmです。

4・院内の加湿

施術院入り口、靴入れの上に加湿器を設置しています。
乾燥しすぎないように院内の湿度を調整しています。

5・空気清浄機

待合室のベンチ横に空気清浄機を設置。
プラズマクラスターを発生させ、新型コロナウィルスの減少を期待。

シャープ株式会社のニュースリリース(2020/9/7)より
https://corporate.jp.sharp/news/200907-a.html

世界初※1、プラズマクラスター技術で、空気中に浮遊する
「新型コロナウイルス※2」の減少効果を実証

シャープは、長崎大学感染症共同研究拠点 安田二朗教授(兼 熱帯医学研究所教授)、同研究拠点 南保明日香教授(日本ウイルス学会理事)、および島根大学医学部 吉山裕規教授(日本ウイルス学会理事)と共同でプラズマクラスター技術搭載ウイルス試験装置を作成し、感染症研究の世界的権威である長崎大学の協力の下、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」にプラズマクラスターイオンを約30秒照射※3することにより、感染価※4が90%以上減少することを世界で初めて実証しました。

「新型コロナウイルス」は、2019年12月に発生が確認され、2020年8月には感染者数が世界で2,500万人、死者も84万人を超えている※5非常に感染力が強いウイルスで、喫緊の社会問題として様々な分野での早急な対策が求められています。

当社はプラズマクラスター技術について、2004年にコロナウイルス科の「ネココロナウイルス」に対する効果を実証※6、翌2005年には「新型コロナウイルス」と姉妹関係にある※7「SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」に対する効果も実証しており、今回新たに、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」に対する効果を実証しました。

当社は、2000年より約20年にわたりプラズマクラスター技術の効果を世界の第三者試験機関と共同で実証するアカデミックマーケティング※8を実施しており、これまで多数の第三者試験機関で「新型インフルエンザウイルス」「薬剤耐性細菌」「ダニアレルゲン」などの有害物質の作用抑制や、小児喘息患者の気管炎症レベルの低減効果※9などの臨床効果を実証。併せて、プラズマクラスターの安全性についても確認※10してまいりました。今後も、プラズマクラスター技術による様々な実証を進め、社会に貢献してまいります。

6・エタノール、次亜塩素酸水の設置

施術院入り口、靴箱の上にエタノールスプレーと、次亜塩素酸スプレーを設置しています。
エタノールでは手が荒れるという方は、次亜塩素酸スプレーをお使いください。

こちらも加湿器と同じく、濃度50~60ppmです。

○ご協力ください!

靴を脱いでスリッパに履き替えたら、エタノールか次亜塩素酸水で手指を消毒してください。

お手数をおかけしますが、ご協力お願いします。

7・スタッフの手洗いの励行

新型コロナウィルスは、インフルエンザウイルスやヘルペスウイルスなどと同様にエンベロープという脂質の膜で覆われています。
この膜を破壊してウィルスにダメージを与えるには界面活性剤が有効とされており、当院では薬用石鹸で手洗いをしています。

8・ピローシートの交換

通常の施術枕はエタノールや次亜塩素酸水で除菌しますが、キュアレの枕やうつ伏せ用の枕を使用した場合は毎回新しいピローシートを使用しています。
これはコロナ関係なく従来より行っておりますが、変わらず続けてまいります。